【昭島市】4月18日(月)からごみの収集方法が変更されます。さらにリユース促進のため「ジモティー」と協定を締結!

2022年4月18日(月)からのごみの収集方法が変更になるそうです。有害ごみの対象品目を拡大、充電式小型家電はいつでもどこでも充電できてとても便利ですよね。ですが、リチウムイオン電池などの二次電池による発火事故が全国で多発しているそうです。作業をしてくださる方の安全の為にも捨てる前に対策をしておきたいです。4月18日(月)からは有害ごみで出すことになります。詳しくはリサイクル通信(pdf)をご確認ください。プラスチックの回収が3週間に2回から毎週に変更になったのも大きな変更ですね。

ジモティー

プレスリリースより

 

昭島市は、リユース促進のため「ジモティー」と協定を結びました。昭島市では、ごみの減量と3Rを推進するため、ダンボールコンポストや電動生ごみ処理機等の購入費補助のほか、古着・古布の回収ボックスの設置や使用済はがき等の回収ボックスを設置するなど様々な取組をしているそうです。ですが、新型コロナウィルス感染症の影響もあり、2020年度の昭島市の粗大ごみ排出量は1,405トンと10年前と比べて約367%増に。更なるリサイクル・リユースを進めるための新たな施策の展開が課題だったんです。

今回の協定締結は、地域の中でのリユース活動を促進したいという昭島市のニーズと、ジモティーの理念が一致し実現!今後は、リユース活動の促進に向けた啓発活動などを通じて、地域内のリユース活動を促進していく予定なのだとか。

昭島市

ジモティーは、「地元の掲示板、ジモティ〜」のCMで有名ですよね、筆者の周りでもジモティーの掲示板を利用してピアノを譲ってもらった!ソファーを譲った!など、ほのぼのする話を聞くことがあります。

啓発活動及び実証実験の内容(2022年3月8日現在)

市民にジモティーの利用を促すことでリユース意識の向上を図り、ごみの減量を目指します。
公式ホームページでのジモティーの紹介
公式Twitterでのジモティーの紹介
広報紙「広報あきしま」、「リサイクル通信」でのジモティーの紹介
ごみ減量アプリでのジモティーの紹介
※啓発活動の内容は今後変更となる可能性あり。

ジモティーでは、ごみの削減やリユース促進に意欲がある、全国の自治体からの
問い合わせを随時受け付けているそうです。今は、リユースの時代なのかなと思います。大型の家具や家電など、必要なモノを必要な人へ届ける場を提供しているジモティー。ぜひチェックしてみてください。
 

昭島市はこちらです

・プレスリリース

2022/03/16 10:01 2022/03/18 02:24
ヨッチ

号外NETゲームポータル

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ立川市

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集